曹洞宗 魚籃山 常現寺 青森県八戸市
  位 牌 堂


  本尊 魚籃観世音菩薩縁起

今から約400年ぐらい前、天正文禄(1592年前後)の頃、我が国に一貴人があり、当時の、日本の戦禍を避けて夫人と共に交趾(こうし)国(安南−現ベトナム北部−)に漂着した。
 交趾国の王は貴人たる二人を厚くもてなし、やがて夫妻に女の子が誕生した。その子が6歳の時、両親は相ついで亡くなったが、王様に養育され美しく育ち、王様の妃に迎えられ幸せな日々を送っていた。ところがある日、妃がひとり言(ごと)を言っていたので、心配に思い訊ねたところ、妃は「父母が元気でいた頃、『私達が戦を避け、この地で平和に暮らさせていただけるのは観音様の御力によるものだ、だからお前は観音様をただ一心に念ずるように』と言われた言葉がいまだに耳に残っており、それが、知らず知らずのうちに口をついてお唱えしたのです」と答えた。王様はその話を聞いて深く感じ入り、手づから魚籃観音をお造りになり、それを妃に賜ったのであった。
 時は流れ、その魚籃観音像は遠き南の国より日本へ渡った。明治になり西有穆山禅師のもとに至り、そして郷土八戸の地に安住し、当寺のご本尊として安置されることになった。
 秘仏ご開帳毎年11月17日。  昭和48年に八戸市文化財に指定。

  穆山禅師入魂 延命地蔵尊
 当寺には御本尊魚籃観音とともにもう一つ穆山禅師の慈光が輝いている。
 この地蔵尊は、享保5年(1720)に造られたもので、静岡の修験秋葉山七世了運任宗上人によって開眼したと背部に刻書されている。
 そして、穆山禅師のもとに渡った因縁も刻まれている。明治維新の際、廃仏毀釈により秋葉寺が神社となり、この地蔵尊を安置していた源性庵(当時遠州)もその影響を受けて廃寺同様となってしまい、地蔵尊は今まさに鎔解されようとしていた。
 これを聞いた当時遠州静岡の可睡斎住職であった穆山禅師は心を痛め、衣資をはたいて手元に奉安し、朝夕礼拝恭敬すること、金剛経百巻、大悲心陀羅尼一万遍、消災咒(しゅ)二万遍、地蔵尊陀羅尼三万遍を読誦し、新たに入魂開眼されたのである。
 この地蔵尊は、禅師の実弟笹本長次郎氏の懇請により三戸郡湊村に渡り、禅師開基の常現寺に奉納安置されることになった。五穀豊饒と農業繁栄をもたらすものとして信仰を集めている。
前頁へ 上へ 次頁へ
Copyright © Johgenji.com 2003- All rights reserved.